×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサードリンク

powerd by 楽市360

スポンサードリンク

powerd by 楽市360

ソファーカバーの簡単な作り方

ソファーカバーを簡単に作る方法としては、実際に、生地をソファーにあてておおまかな縫い目を取ってから「仮縫い」によって作っていくのが一番いいのではないかと思います。このソファーカバーの作り方ならば、完成した具体的な形を見ながら作ることが出来ますし、修正したい時に微調整などもすることができるのでとても便利です♪型紙をとってソファーカバーを作るのももちろんいいと思うのですが、若干めんどくさいような気がするのです。布を縫うことによって縮めるギャザーを作りたい部分があるならば、二本取りの糸などで大きめの並み縫いにするように縫っていくと本当に簡単にソファーカバーを作ることが出来ます。縫い終わったならば、糸を引っ張ることによってギャザーがよっていくので面白いですよ・∀・ソファーカバーの作り方としては、もちろんミシンがあれば早いのですが、手縫いでも普通に作ることが出来るので余裕がある方はどんどん挑戦していくといいと思います。

スポンサードリンク

わが家のフィット式のソファーカバー

私の家のソファーはスペイン製のフィット式のソファーカバーを使っています♪海外製のソファーカバーだけあり部屋のインテリアとしても十分に活用することが出来ますし、なによりソファーが汚れないのがいいですよね・゚・(ノ∀`)・゚・。また、フィット式のソファーカバーなので、微妙な調整をすることができソファーへの装着がとても簡単にできるのです。このフィット式のソファーカバーはもちろん色も選択可能でグリーンやベージュ、ピンクなどさまざまな色がありましたが、ピンクを購入しましたがかなり満足度が高いです・∀・ただ、海外製のソファーカバーは説明書がその国の言葉になってしまうので注意する必要があります。私はソファーカバーは絵で判断しましたが、やはりなじませるのに多少時間がかかりました。ちなみに、私はこのフィット式のソファーカバーは通販で購入したのですが、サイズが合わない場合は返品なども行ってくれるショップだったので安心して購入することが出来ました♪

おすすめのソファーカバーの会社

ソファーカバーを買おうにもさまざまなインテリア会社がるのでどの会社のソファーカバーを購入しようか迷いますよね。まず、私がおすすめしたいのはベルメゾンのソファーカバーですね。ベルメゾンさんからはソファーカバー以外にもラグやシーツや布団カバーなども購入したのですが、デザインも問題ないですし、かわいすぎますね・∀・ただ、ベルメゾンのソファーカバーは少し洗濯後にしわになってしまったり、薄いせいで弱い感じがしますが、それでもこのデザインの可愛さには負けてしまいますね(^_^;)他には、マイナーな会社になるのですが、フランフランのソファーカバーはとてもおしゃれですし、リネン物がとにかく豊富にあるので素晴らしいと思いました。アジア系のソファーカバーをお探しならば、cenozoicというお店のソファーカバーをお求めになるとよろしいと思います。安くてとてもセンスのいいソファーカバーがそろっていますね・゚・(ノ∀`)・゚・。

Copyright © 2007 ソファーカバー